結婚後もある倦怠期

結婚後も思いやりが大事

夫婦生活についての情報

結婚に倦怠期はつきもの

好きな者同士で結婚しても、多かれ少なかれ倦怠期はあるものです。当初の新鮮な気持ちが薄れ、相手に対しても厳しい目を向けるようになります。どんなに素敵な人であっても、いいところもあれば、そうでないところもあるものです。はじめから相手の気になる部分はわかっていたはずなのに、わからないふりをしてきただけではないでしょうか。嫌になって別れてしまうのは簡単ですが、もう一度みつめ直してみましょう。結婚相手の気になる言動の原因はあなた自身にあるのではないですか。人は優しくない相手に優しくはできないものです。ちょっとだけ優しく接してみたら何かかわるかもしれません。

夫婦になってからの倦怠期

長い交際期間の後大恋愛の末、ようやく2人は結婚して幸せな家庭生活を過ごしている、そしてそれがいつまでも長く続くかのように考えられるのですが、現実は違います。なぜなら遅かれ早かれ必ず、倦怠期があるからです。これは何も悪い事ではなく、倦怠期があるからこそまた強く結ばれる絆もあるわけですし、そこを乗り越えることこそが明日唯一無二の夫婦になるものだと思われます。お互いがお互いのこと1番よくしっているわけですから、傷付け忌み嫌うのではなく嫌な部分もあるけれども、結婚しても、良い部分を尊重したり尊敬したりすることが大切です。

© Copyright 結婚後も思いやりが大事. All rights reserved.